三角水止弁について

    2014年6月に特許を取得いたしました「水を注入して運搬したり保管するのに適した合成樹脂フィルム製の袋(以後、三角水止弁)」は、 ポリエチレンフィルムに熱シールを行うことで気道より封入する水を逆止する効果を実現しております。また、気道部分を約20mmの幅を確保することで袋内へ水を簡単に入れることが可能となっております。 使用用途は、非常用水運搬袋、工場間移動用水袋、混合液作成袋や液体封入するもの等への展開が可能な技術になります。

    三角水止弁の規格

      加工可能サイズ

    • 折径   :400mm(ご希望サイズへの開発を行います)
    • カット長 :200mm~2000mm ※三角水止弁分除く
    • 原反色  :様々なカラーに対応 ※カラー標本を準備しております。

      三角水止弁の特徴

    • 厚さ200μのフィルムに別パーツを利用しておりませんので、使用前の厚さは400μとなり運搬時、保管時に場所をとりません。 利用される時に液体を入れることで性能を発揮します。
    • ポリエチレン100%フィルムとなりますので、リサイクルが可能です。また、焼却時もダイオキシン類の発生がありません。
    • 三角水止弁に傷が付かない限り複数回のご利用が可能です。
    • 外形16mm未満のホースで液体の出し入れが可能です。

      三角水止弁搭載製品

    • 非常用水運搬袋(規格品:0.2mm×400mm×550mm)

    代理店募集

      当社では、三角水止弁製品を「OEM商材・仕入商品」としてお取り扱いいただける代理店様の募集を行っております。 また、三角水止弁を利用した商品開発にも積極的に取り組んでおり、商品開発に協業いただける企業様も同時募集しております。 三角水止弁にご興味いただけましたら下記までご連絡お願い致します。
      問合せ先
      和弘プラスチック工業 R&D事業部
      電話番号
      072-923-4201
      メール
      info@wako-plastic.com
      メールでのお問合せに関しましては、ご返答までお時間を頂く場合がございます。
ページのトップへ戻る